喉を気にする男性

オーラルセックスなら大丈夫と思っている方は結構多いでしょう。しかし、性病はのどにも感染します。今まで気にしていなかった!というそこのあなた、詳しくご紹介しますので当サイトで学んでいってくださいね。

すでに性病になっていないかチェックしよう

性感染症は、性行為によって感染する病気のことを言いますが、症状を感じることがないものもあり知らないまま放置してしまうと、からだに大きな負担をかけていきます。性病は一般の人とは関係の無いイメージがありますが、性行為は人間にとって大切な行為ですので身近なものです。近年では、普通のカップルの間でも広がっているため注意が必要です。そのため、からだの不調を感じたり、気になること、思い当たることがあれば、不安を取り除くためにも性病に感染していないかの検査は重要になります。特に日本人は、性病は他人事と思う傾向があるため、知識の無さや危機感の無さから性病患者が増えていっています。気がつかないうちに感染を放置していると、女性は子宮外妊娠や不妊につながる可能性があります。また、男女ともにパートナーへ感染させてしまうリスクがあります。パートナーのためにも、将来の子どものためにも検査は必要です。性病の検査は病院や保健所で行うことができます。保健所での検査は無料で受けることができて、名前を言わなくても受けることができるというメリットがあります。しかし検査項目が限られているため、何の病気にかかっているか分からない状態で検査を受けるには不安があります。また、平日の昼間の検査であったり、曜日や時間も指定されていることがあるため、社会人など時間に余裕のない方にとっては日程調整を行うことは困難でしょう。病院で受ける場合は、性病の検査を希望すれば検査が可能で、病気が見つかればそのまま治療を行ってもらえます。しかし初診料や診察代など、費用の負担が大きくなることがあります。病院や保健所に行く時間がない、行くことに戸惑いを感じる方は、検査キットを使用する方法があります。費用の負担も低く抑えられます。検査方法には様々な方法があるため、安心するためにも性病は大切です。