性病を防ぐために必要なこと

喉を気にする男性

オーラルセックスなら大丈夫と思っている方は結構多いでしょう。しかし、性病はのどにも感染します。今まで気にしていなかった!というそこのあなた、詳しくご紹介しますので当サイトで学んでいってくださいね。

性病はのどにも感染する?

基本的に性病は性器周辺に感染することが多いです。

あるいは、性器周辺の皮膚、口などにしこりとなって梅毒などもありますが、ほとんどの場合が男性であれば亀頭周辺、女性の場合は陰部周辺に症状が出ることが多いとされています。

しかし、例外的に性器周辺以外にも感染する性病はあることはご存知でしょうか。

クラミジアと淋菌による淋病は、のどにも感染するのです。

ただ、本来ならセックスで感染するはずの性病がどうしてのどに感染するのか疑問に思われる人もいるかもしれません。

なぜなら、クラミジアや淋病はオーラルセックスの身でも感染するからです。

性行為を行わない性風俗のサービスには、オーラルセックスによってお客さんを楽しませるサービスが流通していますが、そこで働く女性従業員がクラミジアや淋病に感染している人をオーラルセックスでサービスを行った場合、その従業員の女性ののどに感染することがあるのです。

そのため、たとえ性行為を行わなくてもオーラルセックスによる性風俗に通っている人であればクラミジアや淋病に感染するリスクは高いのです。

また、性風俗には通っているけど性行為を行っていないんだから性病にはかかっていないと高をくくってパートナーと性行為を行ってしまうと、今度はパートナーに感染させてしまう恐れがあります。

自分は症状が出ていなくても、パートナーに症状が出たことで性風俗通いが発覚してしまうということもあるので注意が必要といえるでしょう。

もし、自分が性風俗で性病に感染してしまい、パートナーにも感染させてしまったとしたら一緒に治療を行っていくのが望ましいといえますので、もし風俗通いがパートナーにばれてしまったら素直に謝って二人で仲良く治療を行うようにするのが良いでしょう。

▼性病以外の水虫やカンジダ症にお悩みの方にはこちらの医薬品がオススメです
カーネステンクリームは通販でお求めを!
▼性病を防ぐためにも早めに検査をすることを推奨いたします
HIVになりたくないなら検査を早めにしよう